計算プロセスノート

計算プロセスノート

この教材は、どのようにして 生まれたのでしょうか?

ある塾の先生からの一本の電話がきっかけです。

その先生の塾では、「計算の達人」や「算数の達人」を使用しています。解答を直接教材に書き込んでしまうと、不正解だった問題の解き直しをさせることができません。「そこを何とかして欲しい」という内容でした。

そのご要望を受け、開発したのがこのノートというわけです。

教材の詳細ページはこちら

この教材の中身は、どのような内容ですか?

このノートの利用が役に立つのは、次の3つの教材です。

「計算の達人」

「数学の名人」(中学1年・2年・3年)

「算数の達人」(上・下)

このノートのページレイアウトは、これら3つの教材の5問形式と同じ解答スペースとなっています。ノート1ページが1回分となっているので、計算スペースもたっぷりあり上記教材と併用して使うととても便利です。

教材の詳細ページはこちら

この教材のとっておきの使い方を教えてください。

効果的な勉強方法の一つに、「不正解だった問題は後日もう一度やりなおし、スラスラできるようになるまでくり返す」という方法があります。このノートは正にそれをねらったものです。

つまり上記3つの教材を使う生徒には、直接答えを本体に書き込ませず、このノートを利用させるのです。そして、不正解だった問題は本体にチェックを入れさせます。

後日、不正解だった問題だけを選んで解き直しさせ、満点を取るまでくり返すと、数学や算数の点数を急上昇させることができます。

教材の詳細ページはこちら

モニター授業ではどんな学習効果がみられましたか?

塾では、どの教材でも答えを直接書き込ませず、ノートに解かせるということを徹底していました。この教材は、その指導法にピッタリで、しかも解答欄があるので、採点も大変楽でした。

生徒には後日不正解だった問題だけを解き直しさせるだけですむので、時間も節約でき、生徒にも好評でした。

もちろん数学の成績も急上昇しました。

教材の詳細ページはこちら